スポット情報やイベント情報の記事執筆を支援するWordPressプラグイン

Locketsプラグイン公式サイト

Google Maps Platform を使う

Google Maps Platform へ登録しAPIキーを発行するとLocketsプラグインでGoogleプレイスの検索・情報表示が使えるようになります。

なお、Google Maps Platform は有料となりますが、クレジットカードを登録することによりある程度は無料で使うことが出来ます。

Google Maps Platform へ登録

  1. 位置情報 API  |  Google Maps Platform  |  Google Cloudのサイトへアクセスし、右上の「使ってみる」をクリックして「マップ、ルート、プレイス」の3つともチェックをして登録を進めます(現状ではプレイスしかプラグインで利用していませんが、将来的に使う予定です)。
  2. プロジェクト名を入れてNEXTボタンを押す(4文字以上30文字以下で英字、数字、スペース、ハイフンのみ使用可能なので、ドメイン名等入れておくとわかりやすいです※ピリオドはNGです)
  3. 請求の有効化という表示が出ます
    (2019/5/9現在、300$相当の無料で利用できるようです)
    ”ロボットによる登録ではないことを確認するため、クレジット カード番号を確認しております。有料アカウントに手動でアップグレードしない限り、課金されることはありません。”
  4. 「Google Maps Platform の有効化」が表示されしばらくすると「YOUR API KEY」としてAPIキーが表示されます
  5. 「DONE」を押さずに「API Console」のリンクをクリックします。
  6. 第三者に不正利用されることを避けるためにアプリケーションの制限の設定をします。
    「HTTPリファラー(ウェブサイト)」を選択し「項目を追加」で新しいアイテム欄にご自身のサイトのトップページのURL+「*」を入力します。
    例)https://lockets.jp/の場合、「https://lockets.jp/*」と入力します。
    リファラーによる制限でGoogleプレイス検索が使用出来なくなりました。サイトが表示されるIPアドレスを指定してください。
  7. 「SAVEボタン」を押して保存します

Locketsプラグインへの設定

Locketsプラグインのメニューから「Google プレイス」を選択し、APIキー欄に上記で表示されたAPIキーを入力します。

投稿日:

Copyright© Locketsプラグイン公式サイト , 2019 All Rights Reserved.